逝去から葬儀までの流れ

家族が亡くなってから、葬儀までの流れについて、ご紹介します。葬儀を行うためには、葬儀社選びからです。式をどのようにしたいか考え、それに合った葬儀社を選ぶのですが、もしも亡くなった人が生前にこうしてほしいということを話していたら、それに従った方が良いです。たとえば、直葬が良いとか、家族葬にしてほしいとか、今は葬儀に関する情報が豊富にありますから、残された家族のことを考えて遺言として話している場合もあります。

もしも、亡くなった方からの願いがなければ、遺族で全て考えますので、信頼できる葬儀社を選びましょう。近所で評判の良いところでも、全国展開されているところでも、良いのです。インターネットで情報を探ってみるのも良い方法で、その家族に合う予算やプランのあるところを探します。

たとえば、しきたりを重んじるというご家庭でしたら、通夜、告別式、火葬という一般葬、また、家族親族中心の家族葬で通夜、告別式、火葬があるというプランもあります。家族葬の方がお値段は一般葬より安いことが多いです。その他に直葬という火葬のみのプランもあります。こちらは儀式のあるプランに比べるとかなり安いです。最近は、こういった簡素なプランを好む人も多いようです。

葬儀社が決まったら、打ち合わせになります。宗派や菩提寺があれば、そちらとも連絡を取り、戒名、法名の相談もしなければなりません。こういった一連のことは初めてであれば、よくわからないことも多いでしょう。大体は葬儀社がサポートしてくれますので、どのような葬儀社を選ぶかによっても大変さは変わってくることもあります。