葬儀に呼ぶ人

悲しいことですが、家族が亡くなった場合、葬儀に呼ぶ人について、困る事もあるでしょう。一般的にどのようになっているのかと言いますと、親族は三等親までで故人の両親、子供、兄弟、祖父母、叔父や叔母、甥や姪がそれにあたります。配偶者がいる場合は配偶者の両親や兄弟が最低限で、それ以外に付きあいのある人がいれば配偶者に任せて判断してもらうと良いです。離婚歴がある場合でも一応、元配偶者に知らせておくのが一般的ですが、事情にもよります。

友人についてはわかりにくいので、故人が一番親しくしていたと思われる人に連絡すると良いでしょう。あとはその人に任せておけば、大丈夫です。また、故人が会社勤めであったならば、会社への連絡、職場の上司、同僚へも直接連絡します。すでに定年退職していれば、そのような関係はないので、特に必要ないでしょうが、定年後間もなくであれば一報しておくのがマナーかもしれません。

ご近所の人達、町内会、マンションの管理組合などにも一報を入れておく必要があります。最近は近所付き合いが希薄ですが、自宅で通夜を行う場合もあるので、そのような場合はご近所への配慮が必要です。連絡をして置いた方が無難でしょう。最近はメール、SNSでのこういった連絡も多いようです。このような連絡手段は複数の相手にさっと送る事が出来るので便利ですが、人の死ですから連絡事項のように扱わない方が良いでしょう。特に年配の人には快く思われないでしょうから、電話で伝えるようにしましょう。

高齢者の場合は終活の一つとして、葬儀に呼んでほしい人を聞いておくと良いかもしれません。タイミングも難しいですが、最近はエンディングノートが流行っていますので、元気なうちにお願いできればベストです。