葬儀の流れ

家族の葬儀の一般的な流れについて、通夜から精進落としまでをご紹介します。まずは通夜ですが、通夜の開始前には喪主や遺族が会場入り、受付準備、芳名帳、筆記具等を用意します。受付は通夜開始のおよそ30分前を目安に開始し、受付担当者は受付の位置に並び、喪主は参列者にあいさつをします。通夜開始20分前に喪主や遺族は遺族席に着席しましょう。僧侶による読経を終え、通夜終了時に喪主から参列者にお礼のあいさつと、通夜振る舞いをご案内します。一般の参列者が帰られた後、葬儀担当者と喪主が翌日の打ち合わせです。

次の日の葬儀、精進落としまでの一般的な流れをご紹介します。喪主、遺族が集合して受付準備を行い、葬儀開始時刻の20分くらい前には着席できるように受付をやりくりしましょう。ご僧侶入場で開式し、読経があり、弔電、弔辞の紹介などを行います。出棺の際には、遺族は最後のお別れとして生花で故人のお棺を飾ります。その後、棺に蓋をして喪主から順番にクギ打ち、そのあとは遺族、親族で棺を運ぶのです。

やがて火葬です。火葬炉の前で納めの式を行い、ご僧侶が同行している場合は読経してもらい、焼香をすることもあります。火葬は約1時間かかりますので、その間は控え室で待機です。親族、遺族が揃うせっかくの機会なので、次の法要の話や故人の思い出を話すと良いでしょう。

そして、火葬が終わると、骨上げといって、故人の骨を遺族や親族で骨壺に納めます。二人一組になって、足のお骨から順に骨壺に納めるという儀式で最初に行うのは喪主、そのあとは血縁の深い順で行うのが一般的でしょう。火葬場から戻ると、精進落としというご僧侶やお世話になった人を招いての会食になります。この時、喪主が最初と最後のあいさつをし、この会食を終えて一連の葬儀の儀式の流れが終わるのです。